初めての妊娠に不安はつきものです。
そこに年齢的なリスクが加わると、全てがトラブルのもとに思えてきて、元気な赤ちゃんに恵まれるか、体力がもつかなど不安の種は尽きません。
心配する前に高齢出産のことを正しく理解しましょう。

30歳から35歳に変更

高齢出産とは、日本産科婦人科学会の定義によると、35歳以上の初めての出産である「高年初産」のことで34歳以下の初産と区別しています。

年齢による区分は、妊娠・出産のトラブルを警戒するもの。35歳以上になると生殖機能や体力が衰えることで、流産や妊娠高血圧症候群、赤ちゃんの染色体異常などのトラブルが起こりやすくなるからです。

日本の高齢出産の基準は、かつては30歳以上でしたが1992年に現在の35歳に引き上げられました。
その理由は、30歳以上の出産が多くなったことだけでなく、WHOをはじめ諸外国でも35歳以上を高齢出産にしている国が多いからです。
わずか10数年前までは、高齢といわれた30代前半の出産の割合が今は最も多い年齢層になっています。
医学の進歩と相まって、子どもを受け入れる気持ちや環境を整え、自分の健康管理がきちんとできれば、35歳以上でも元気な赤ちゃんを主体的に産むことができます。

リスクの確率は高くなる!?

30代前半は、生殖機能が成熟し女性ホルモンが最も安定して分泌される時期です。

ですから、妊娠や出産のリスクは20代と殆ど変わりません。
ところが、30代後半になると徐々に生殖機能や女性ホルモンの働きが低下してきます。
身体の衰えをはっきりと自覚できなくても、様々なトラブルが起こりやすくなっているのは事実です。

→→高齢出産のリスクについて詳しくみる

ただし、これはあくまでも統計から見た傾向であって個人差も大きく、35歳以上の妊産婦さんは、みんな危険というわけではありません。
むしろ、順調な経過をたどり、元気な赤ちゃんを産む人もたくさんいます。
”高齢出産=ハイリスク”と決めつけないようにしましょう。

無理をしないで乗り切ろう

35歳を過ぎたからといって、身体的にも精神的にも若い妊産婦さんに引け目を感じる必要はありません。
また、豊富な社会経験のある年齢に達して自己管理がしっかりできるといったプラスの面も多々あるのです。

→→高齢出産のよいところを詳しくみる

それでも、妊娠中は慎重を心がけましょう。妊娠前にどんなに元気だったとしても過信は禁物です。若いころの無謀なダイエットや不規則な生活のツケが、このときとばかりに回ってくることがあります。
疲れを感じたら、まずは作業の手を止めて休むこと。 もう少し…と頑張り過ぎないことが大切です。
冷静な状況判断や注意力がものをいいます。
無理をしないで体力アップを心がけ、初めての妊娠、出産を大いに楽しみましょう。

高齢出産で気がかりだったこと

【妊娠中の不安】
  • 元気な赤ちゃんが生まれるか
  • 赤ちゃんが順調に発育しているか
  • 流産や早産をしないか
  • 妊娠高血圧症候群にならないか
  • 大きなおなかで仕事が続けられるか
  • 体力的にきつくないか
  • 太り過ぎないか
  • 難産や帝王切開にならないか
【産後の不安】
  • 産後の回復が遅くないか
  • 体型が崩れて元に戻らなくならないか
  • 母乳が十分に出るか
  • 体力的に育児がきつくないか
  • 職場復帰ができるか
  • 生活設計が崩れないか
  • 若いお母さんとうまく付き合えるか
  • 精神的にストレスがたまらないか

▲ページトップに戻る